スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼・桃邪気P

 すでにご存知の方も多いでしょうが、23日未明、桃邪気Pが亡くなられたとの事です。
 http://www.fudsuki.jp/blog/archives/001271.html
 http://blog.goo.ne.jp/harumfox/e/f20e4d560c78c2d299d0cc884cbf58b2

 これだけ多くのPがいれば、こういう形でお別れする事になるケースもそりゃあり得るよな……とは思うのですが、しかし寂しいものです。
 本名も顔も知らないとは言え、彼のMADでさんざ楽しませていただいた身としては、こうも突然だと……。単なるP引退なら、また別のどこかで逢うこともあるだろうし、元気でやって行ってくれる事を願って笑顔で送り出せるのですが。
 残念です。

 遺作は、こちら。


 今回、代表作を並べて彼の足跡を振り返ってみたいと思います。


 処女作。
 なんかもう、この時点でおっさんホイホイじゃんか!確かに名曲だけどさw
 投稿日が3月10日ですから、本当にニコマス初期も初期。何気に大古参だったのですね。


 第一報のblogで知ったんですが、あんたトゥルラーだったのかよ!
 同志だったのか……
 何というか、当時ときメモよりTLSだった人たちって、すでに年齢層高めだったんですよね。当時彼は20台中盤って事になりますから、まさしく。
 遺作・処女作含めておっさんホイホイに強かった事から考えても、おそらくオタクとして相当の古強者だったと思われます。
 ……多分、パソ通世代。







 おっさんならではのネタセレクト、怒涛の勇者シリーズ。……よくぞここまで続けて作ったもんです。意図的かどうかは判りませんが、あえてガオガイガーをスルーしてる辺り、シブい信念のような物が見える気がします。

 それと、『Gatherway』の作者コメでこんな言葉を残しておられます。

又もや再生数が増えなさそうなネタで作ってしまいました…orz
でも他人の評価を気にして自分の作りたい物を作れなくなったら
それはもう趣味じゃなくて仕事になってしまうので私はこの路線で突っ走りたいと思います。
やっぱりMAD作りは楽しくないと・・・w

 それ、大切ですよね。

(アカペラシリーズ)


(再生速度変更シリーズ)


 音いじり系でも怒涛の連投。どちらのシリーズも彼が元祖、まことに独自な発想でありました。とりあえず抜粋して載せましたが、全容はタグ/マイリストリンクからどうぞ。
 そして、この方向性の流れから大ヒットになってしまったのが……



 セガダイレクト「ココロスキャンDXパック」三部作。再生数がまースゴいことに。死亡者続出でした。
 それにしてもこの音源をよくぞ発見した、と言いたいw


 CM祭り参加作。アイマスの歴史を振り返る壮大な……
 ばかやろうw

 こうして見てみると、「変わった事をやってやろう」「妙なネタで面白くしてやろう」って意識が高かったんだな、って解りますね。
 どことなく、古強者らしい古き良きMAD文化の香りを感じるのですが、どうでしょう?


 そうそう、作品じゃないですが、忘れちゃいけないのがコレですね。ミンゴスの逆切れとチアキングの怪しさが見所。そして繪里子はやっぱり天才。楽しませていただきました。
 公開されたの1年前なんですね。古いなぁ。

 最後は、やっぱり、これで。
 彼の代名詞とも言える作品です。

 ニコマスの大傑作はいろいろ観てきましたけど、初見でリアルで泣けたのがIDOL COMBATとこれでした。

 曲と、P自身がシンクロして、どうするんですか。
 ホントに葬送歌になっちゃったって、何ですか。
 何て運命でしょうね……


 桃邪気P、素晴らしい作品の数々、ありがとうございました。
 お疲れ様でした。今はただ、安らかに。

 黙祷。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。