スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるるんまんそん。

 そう言や、チャールズ・マンソンってまだ生きてんだよな。
 えー、という訳で今日のお題。丁度世の中が騒がしくなって来たこの時期には微妙にいいタイミングかも知れない、マリリン・マンソンです。


れあもんP
 クリスマス!さらに雪歩誕生祭!……に、間に合わなかった作品。苦しい作者コメントが涙を誘いますw
 タイトルは、マリリン・マンソン出世作の同名アルバム表題作「アンチクライスト・スーパースター」の洒落ですが、ここで使われてるのは一緒のアルバムに収録されてる「1996」。「アンチクライスト・スーパースター」は、こちら。↓

 ……うん、これでダンス合わせるのはキツいものがあるな。選曲正解w しかし、お約束の演説と聖書破りはやってくれてるぜ!
 なんかもう、いろいろと酷い曲だし酷い寸劇でキャラもぶっ壊し寸前なのに、ポップなサウスパーク調のおかげで微笑ましく見えます。「閣下」としては、コレは十分アリでしょう。こういう傍若無人な所が素敵だと思いません?「スーパーアイドル」だと思いません?……俺だけかなあ。そして、雪歩はやっぱり雪歩だw
 サンタコスのダンスも無駄に明るくて可愛くてノリノリ。でも曲がコレ。ファナティックだ……。


DontP
 ガランとしたステージで孤独に踊る閣下。シンプルな構成ではありますが、黒い表情の止め絵がゾクッと来ます。鳥肌立ちます。色調いじり、特に白黒パートも退廃感バリバリで効いてます。なんか普通の笑顔まで怖くなってきますよ?
 あと、歌詞と訳詩コメントがGJ。皮肉が効いてて、凝ってて上手い詩ですよ。流石は「実はインテリ」。


れあもんP
 Be obscene,be be obscene♪
 Be obscene, baby, and not heard♪
 アイマスMAD全体でも、お気に入りの一作です。「アンチクライスト~」のれあもんP処女作……がコレかい!w
 本物PVはこちら。

 閣下はもう板に付いてますねw
 加えて、何と言っても、ロリトリオのチアを入れてきたセンスが素晴らしい!
 そもそも、チアガールって、なんかエロいですよね。それでこの曲なもんで、元気で健康的なはずのチアがえっらくエロくてイカガワシクなってしまってます。人選が人選なんでさらに。恐るべしムードの力。その部分、本物はエロいカッコしたねーちゃん達がラインダンスしてましてこれまたエロカッコいいんですが、ロリトリオもイイ。というか負けてません。まさにビッチ。本物もチアで良かったのに……と思えてきてしまうほど。
 そしてこの作品でも歌詞職人大活躍。訳詩なんか本物に付いてるのよりセンスいいぐらいです。主に厨房臭い意訳的な意味で。マリリン・マンソン自体「そういう」色のあるアーティストですから、この方が相応しいと思います。
 ……しかしそれにしても、この歌詞は……w

 と言う訳で、3月18日現在、マリリン・マンソン曲MADPVは確認した限りこの3作品だけ。いろいろ探してみてもこれ以上見つからなかったので、本当にこれだけだと思います。他にあったらぜひ教えていただきたい所。……まあ、普通思い付かなそうな組み合わせだけに、3つもあるだけで凄いと言えば凄いんですがw
 そして、その3作品全てが春香メインで「はるるんまんそん」タグ付き。考えてみれば、これだけの曲の負のパワーを受け止められるキャラクターは、そりゃー閣下しかおるまいよ、と強く感じるところです。
 ビッチです、閣下。
 お美しいです、閣下。




 ……と締めたところで、次回予告。「mOBSCENE」から唐突に思いついたので、強引ですが繋げてみます。
 題して、「チアの有効活用」
 その前に小ネタが入るかもしれませんが……
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。