スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IDOL COMBAT(後編)

 という訳で前回の続き。「アイドルコンバット」シリーズ後編でございます。
 前編はちょっと重かったですが、後編はお気楽にお笑い方向で、パパッと畳み掛けたいと思います。

 そもそもACE COMBATシリーズって、無闇矢鱈とシリアスで壮大でドラマチックで大上段。なので、ネタとしていじりやすいんでしょうね。汎用性が高いって言い方もできるでしょう。何かしらパロディ要素入れるだけで可笑しくなっちゃうし、生身の人間じゃなくて機体がメインな分、戦場なんだけどどこか抽象的なせいもあるかも知れません。
 元祖のJu-88Pからして、こんなの作っちゃってますしね。

Ju-88P
 前半部分、「Raptor Girl」で没になったというオープニングがエスコンパロディ。限りなく一発ネタに近いんですが、ニコマス業界それ自体、とりわけPをネタにした恐ろしく内輪な笑いが座布団一枚。こういうネタで作られたものは、当時ではまだ珍しかった気がします。
 あとエスコンと関係はないですが、後半のPowerPointプレゼンも必見。ここだけで努力賞をあげたい(笑)。


てつろ~P
 MADPVに圧倒されるノーマルPV。その地位を奪還するために集結したP達の熱き想いと、大空の戦い。
 カッコいいぞ!P達!
 ……ノーマルPVはスルーしがちなんですが、大事にしないとなぁ、とちょっと思いました。最後の会話はまさに名言。


カンザキKP
 いや、いやいやいや、アニメが混ざってるけど主役は俺達!
 必死過ぎだ俺達!
 カッコいいぞ!俺達!


聖上P
 Stage6への鎮魂歌。今のところ、これにあるような顕著な影響は見えてきていませんが、いつか後で振り返ってみれば「ああそう言えば……」と気付くのかも知れませんね。歴史ってのはそういうもんだと思います。
 しかしここまで来ると、もう「アイマス」じゃないじゃん!という気がしてきます(笑)。実際コレ、「アイドルコンバット」タグ付いてませんしねw

 なんかアイマス分が減る一方なので、流れを戻してみます。

TiltP
 ベースはエスコンですが、内容は大分アイマス寄り。というかアイマスのオリジナルストーリーですね。エスコン成分はイメージ演出に限定されています。
 なんせ演出がカッコいいもんで、ストーリーのドラマチックさが引き立ってます。エスコン分抜きで作ってたら、ここまでカッコ良くなったかどうか。


ミルP
 エスコンパートは壮大な前フリ……と思いきや!
 この発想は無かったwww(嵌め込み的な意味で) 聴くなーーー!余所見すんなーーー!墜ちるぞーーー!戦場で何やってんだお前等ーーー!
 もうダメだ、このパイロット達w 腹痛ぇwww

 そう言やこのシチュエーション、どっかで見た気がするんですが……

(P名不詳)
 なるほどね、と納得するオッサンがここに一人。
 確かに、エスコンってマクロスっぽいですよね。ミサイルとかミサイルとかミサイルとか。という事で、AC6ラストバトル×マクロスのクライマックス。バックに流れるのはもちろん「愛・おぼえていますか」。あれアイマスはどうした?と思ったら、オンエア映像で歌ってるのが春香と千早じゃないですか。
 ……だからアイマスほとんど関係ねーだろっつのwww

 参考はこちら
 あと、今地上波でマクロス再放送してますが、こちらももうすぐクライマックスですね。


(P名不詳)
 こらまた懐かしいなオイ!
 美希フランカーで「エアーウルフ」のOPを再現してみた、というもの。比較版はこちら。って再現度高ぇなオイ!カッコいいじゃないですか。曲のテクノなアレンジがまた時代を感じさせます。
 ……アイマス分ほとんど無いけどな!最後の所のメット被った美希の顔だけw

 なんか油断してるとアイマス分がどんどん減ってきそうです。今度こそ、あくまでMADPVベースで、エスコン分を上手く使ってるって奴を。

ちびクロP
 覚醒美希ベルクトと雪歩ナイトホークの迫力の空戦映像。そして機体と揃えて、覚醒美希と雪歩のPV映像を組み合わせた一品。
 曲はアニメ「スカイガールズ」OP。観た事ある人は解ると思いますが、大空の広さと空中戦の超機動が気持ちいい映像でした。なのでグリグリ動くエスコンの空戦シーンがベストマッチ。曲のイメージとよく合ってます。それだけでなく、PVパートもダンスシンクロ取れてて上手いし、曲のビートに乗せたカット割、曲の終末に合わせた映像の余韻も見事。スピード感・爽快感溢れる良作です。
 ちなみにこれは修正版。修正前は春香が入っており、またエスコン映像もほとんど違っておりまして、完全に別物。そちらはそちらでカッコいいのでお勧めです。

 ……と、こんな感じで長々とやってきましたが、切りがないのでそろそろ最後で。
 最後は、こいつで締めてみたいと思いますw

風野シュレンP
 皆さん手拍子でお楽しみください。
 そーれパッ、パッ、パッと撃ってパトリオーット~♪
 敵はスカッド撃ち落とせ~♪

 あとバンナムは「太鼓の達人」に採用するべきだと思います!
 エスコン成分入れる必然性は実はあんまり無いような気はしますが、でもこの歌じゃ入れたくなるよねぇ、やっぱw エスコンパートまでシンクロさせてんじゃないよ、まったくもうw

 以上、2回に渡りお送りいたしました。
 一時期に比べ熱は去り、どちらかと言うとエスコン側の方で盛り上がっていきそうなこのジャンルですが、ネタとしての使い勝手の良さは不変であると思います。今後ニコマス界で何か重大事件が発生すれば、速攻でエスコンMADが作られるでありましょう(笑)。公式の暴走の産物・「痛機」もしばらく続きそうですし、ネタを活用するP達の発想と悪ノリに、より一層期待したいと思います。
 アイドルコンバットよ、永遠なれ。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。