スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ここから転載。プレ1日1MADシリーズ)

 しかし何ですな、今やアイマスMADも曲と動画をただ合わせただけじゃ埋もれてしまう、というレベルになってしまいました。それほど凄い勢いで進化しているという。

 動画なら、まずエフェクト入れて当たり前、

 キャラだけ切り抜いて自前背景と合わせたり、

 逆に人数増やして同時に踊らせてみたり。

 いやこれ、もンの凄い手間かかるんすよ? とにかくハイレベルな物になると、もう凝り方が半端じゃない。
 flash/GIF職人上がりらしきお手製アニメも多い。最高峰になると「給料いくらだ!?(本職アニメーター的な意味で)」てなもんで。


 曲の方では、数人の先駆者を皮切りに音楽屋が参入してきてまして、音素材をゲームから持ってきただけのほとんどオリジナルなリミックスとか、

 あとあくまで原曲を生かしたアレンジとか、そういう作品が徐々に増え始めております。

 で、まあ、そういったハイレベルなスキルを駆使し、時に作られるのがこんなモノだったりするのがハマる理由な訳でして。


 あ ん た 馬 鹿 だ よ 。 (褒め言葉)


 あとついでに。
 曲と動画(ダンス)のシンクロ度合については、初期(今年5~6月ごろ)のうちに一つの到達点に達した感があります。が、今になって「実写をシンクロさせる」という斜め上の進化にトライした勇者が。

 いい動きだw 楽しそうだな、テニミュ。

 ところで、この人の冬コミのスペースドコー?


 あ、この人は見つけました。


2008.02.23補足---何というか、「頂点」を紹介してみた、と。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。