スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にやり。


わかむらP

 ほーう。
 へーえ。

 やってくれますねえ。こりゃーイイや。楽しいね。
 作品それ自体が楽しいというのもそうだけど、わかむらPがコレを作った、ってのが、ね。
 ヤるねえ。痛快だ。楽しくってしょうがないや。

 作者コメの通りわかむらリサイクルのオマケだとしたら、それにしちゃあ時間が経ち過ぎてやしませんかい、構成からスケジュールまできっちり組み立てて作ってそうなあの人にしては「らしくない」か……と思ったら案の定、でいいのかな?
 衝動的な創作。イイですね。そう来なくっちゃ。
 ほら、羽生名人曰く『直感の7割は正しい』そうですから。

 元ネタあり。PV再現です。

 縦長画面にしてる所と、終盤で各キャラのバックにその子がメイン張ってるPVの映像を流してる所がアレンジですね。
 何はともあれまずは曲。メインは曲でしょう。
 そもそも林檎ちゃんてば色んな意味でナマな曲作るソウルフルな人ではありますが、その彼女がこういう曲作ったか、というのがまず面白い。デビュー以来のこれまでの活動を思い出してみると、いろいろと勘繰れそうではありますね。「何が言いたい?(ニヤニヤ)」てなもんで。あるいはこれもまたナマである、という事なのかも知れません。そう言や矢井田瞳はどこ行った?
 で、その曲の構図をそっくり受け継いでアイマスに代入してるのがこの作品、と言う訳ですね。

 少し脱線。
 ニコマス作品において、アイドルの性格設定や表現の方向に対して「○○はこんな子じゃない」「○○にこういう方向性は合わない」というような声が出る事があります。しかもニコマスが広がるにつれて、多く強く。
 個人的にはそういう事はあまり気にしない性質なのでそう思うんでしょうが、だったら「本当の○○」を一体誰が知っていると言うのか、という気はします。
 どのPがどんな表現をさせようと、それは「そのPにとってのアイドル像」というたった一つの解釈に過ぎない、と思うのです。その点でどの表現も全て等価であるはずですし、そもそもがバンナムによって設定された人格、「バンナムにとってのアイドル像」であって、それすらバンナムによる表現の都合上いくらでも変更され得る訳で。ファン一人一人にとってもバンナムにとっても、アイドルとは「表現の器」であって、それ以上でもそれ以下でもない、と思うところです。
 だからアイドルの本当の人格なんて誰にも解らないし、ぶっちゃけ、知る必要もないのかも知れません。
 だって、「アイドル」ってそういうものでしょう?
 ああっ、石投げないで!
 ……そして、どこにあるか解らない「本当の人格」と、表現の担い手として我々の目の前に現れる姿、その間を繋いでいるのが、いわゆるプロフェッショナリズムなんだと思います。アイドルならば当然持っているべきで、人格よりも何よりも真っ先に求められる、な。


 いずれにせよ、かくしてアイドルとプロデューサーはすれ違い続ける、という訳です。この曲のように。
 この曲の冷酷なまでに客観的な視点と諦観は、つまりはそういう事なんじゃないかと思うのですがいかがでしょうか。

 閑話休題。(長いよ!)
 まあとにかく使われているのはそういう曲であるという事で、「GAME」の例を出すまでもなく、メタ視点(サブカルっぽくてヤだなあ、この表現)的な意味を込めた作品てのはニコマス界隈でも別に珍しいもんじゃございません。
 ただ、そもそも自分はこういう皮肉の効いた、視聴者を安全圏に居させない鋭い作品が大好きだってのと。
 それと、ね。
 よりによってわかむらPが作ったってのが面白いじゃありませんか。
 椎名林檎がこの曲を歌う、あるいは某マンチェスターのバカ兄弟「Don't look back in anger」を歌うってのは、びっくりしつつもどこか納得が行きます。作り手がナマの感情を出せばメタ方向に行く事は当然あるでしょうし、普段からそういう感じのロックな人達ですから。
 が、恐れながらそういうタイプにはあまり見えないわかむらPがこれをやった。
 面白い。実に面白い。ビックリってのはこういうもんですよ。
 もはや作品そのものの評価とは別方向の、捻くれた楽しみ方だとは思います。あとこの手のネタってのはある意味飛び道具ですから、こんなの反則だ!という考え方もあるでしょう。それは承知。
 承知の上で、自分、すげー楽しいです。楽しくってしょうがない。
 あの人にもこういう部分があったんだ、という失礼千万な感動を高笑いで味わっております。

 とりあえず、林檎×わかむらPはガチ。って事で。




 消される前にタップリ観ときましょ。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。