スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の中のハードル

 あーアレですね、ある程度ニコマス見てりゃ「この人は凄い」って否応無しに解ってくるもんですが、でもそこで「この人なら何作っても凄い」と思っては絶対にいけないのですよね。あらゆる表現物に言える事ですが、同じ人が作っても出来不出来ってのはあるもんでして、傑作連発するPの新作が何だか微妙だったり、逆にそれまで目にも留まらなかったPがいきなり化けたりとか、いくらでもありますわね。だからこそ作品を中心に回る世界ってのは面白い訳で、それ故に特定のPに対する過度の思い入れは作品を見る目を曇らせかねないものであり、よろしくないよなあと思うところであります。気を付けたいものですね。

 もっと言っちゃえば、ぶっちゃけ私が用があるのはあくまで作品であって、作者個人についてはその才能に興味はあるけど人間性とかはどうでも良いのです。別に友達作るために観て書いてる訳じゃないですし。その流れで言えば、ニコマスに限った話で無しに、作家同士のコミュニケーションツール的な作品が溢れる現状はちょいと、結構、かなり、ツマランとも思います。まあだからと言ってイチイチ叩きはしませんしスルーするだけなんですけどね。別に今に始まった事じゃないですし!

 閑話休題。つか、最初に戻る。
 「この人は凄い」と解っていつつも、そのP名による無意識の補正を廃して評価しようとするとどうなるか。「この人ならこの位できて当たり前」「こういうのは解ったから、もっと凄いのを、あるいは新機軸を」「倍プッシュだ……!」と、あらかじめ心の中にハードルを設けて観るようになっちゃうんですよ。自分は。まあ、作ってる方にしてみればハタ迷惑で理不尽な話ではありましょう。なので受け取り方は読者の皆様次第。でも自分はそうする、と。
 そして、心の中のハードルが必要な人に限って、大抵の場合、ハードル上げてもそのうち正面からブチ破ってくるというのもまた事実。困ったものですw
 という訳で、今回のお話は私にとってのそんなPの一人、メイPの新作についてです。

 ……やっと本題に入れるよ!



 ええ、そりゃもうね、身構えましたよ。この人の新作ですもん。補足しても数日クリックを躊躇するぐらい。だってハードル越えてなかったら悲しいじゃないですか。何て勝手な話だ!(自己ツッコミ)
 それでもいつかは観なきゃしゃーない。ええ観ましたよ。心の中のハードル思いっきり上げて。
 ……唸りました。
 唸らされました。
 ハードルがブチ破られました。見事に。
 コレはアレですね。負けました。私は敗北しました。まっこと、感服いたしました。恐れ入りました。
 このエントリーは敗北の嬉し涙を流しながら執筆されております。

 えー、結局のところニコマスの発展ってのは、「アイマスで何を表現できるか」、その限界への挑戦の道程だと思っておりますが、その中でこの方は「アイマスで表現できる事」の限界MAXに迫っている、アイマスをMAD素材としてほとんど使い切りつつあるPの一人だと思います。そりゃ手描きなら何だって表現できますが、それは置いといて「MADPV」として、という話で。
 そしてその上で、「表現したい事」が明確にあるのが解る。「歌とダンス」というレベルじゃなく、それ以上の表現を目指しておられる。これがデカい。そしてそれをきっちり表現して視聴者に理解してもらえる技術がある。単に素材を駆使できる技術があるというだけでなく。

 具体的に言うと、ダンスモーションの一部を切り出し、組み合わせ、別の意味の仕草として表現しているという事。ダンスをダンスとしてだけでなく、ダンス以外の表現に使うという事。
 もちろんこれ自体はずっと前から試みられてきた事でありますし、そう珍しい手法ではありません。(特に「歩き」なんかは。)


麦茶P

dodoP

えびP/ベホイミP

 しかしこの方の場合、そちらの方がむしろメインで、作品のテーマの根幹を担っている。堂々と山場を張っている。キャラクターが本当にそういうシーンを演じているように見える。そのままのダンスを見慣れた目には思いもよらない、新鮮で、鮮烈で、ハッとするシーンを。
 多分こういうのって、「このモーションはどういう仕草に見えるか」という連想ゲームの産物だと思うんですが、ここをそう使うか!と毎度唸らされます。そりゃもう毎度。そう、この方の作品って常に新しい表現が出てくるんですよね。だから負けるんだな。
 もちろん、どう考えてもアイマス素材では無理、という表現はあるでしょうし、彼の「表現したい事」がたまたまアイマス素材と相性が良かった、という事なのかも知れません。その辺は何とも判りませんが、ともあれ、現在の彼は「ダンスモーションによる表現」という無限の荒野を独り突っ走っておられるかのようです。

 ……なんか未来永劫勝てる気がしないんですが。


 さて、メイPと言えば最近blogで引退宣言したとか言う噂が。
 そう言やですね、20選に入れた「彼女と笑えれば。」には【5】が付いてて、次作「フタリの記憶」には【4】、その次の「彼女たちのsign。」はリメイクだからかノーナンバー、そして今回取り上げた最新作には【3】が……
 何このカウントダウン。
 とりあえず、blog見た限りでは当面引退は無しとの事で、どっちみちPの皆様が何をどう判断されようが「どうぞお好きになさいませ」としか申し上げられない訳で、ま、とにかく静観。通常営業で。

 それはいいとしてですね。
 コレ。
 ふおおおお!箒星!箒星!
 ……ああいかんいかん、鼻血出しつつ興奮してしまいました。お見苦しい所をば。
 しかし果たしてどーなんですかね?「彼女たちのsign。」に続いて箒星も復活するのか否か。道筋は付いておりますがさて。もちろん「お好きになさいませ」としか言えないし期待なんかするのは筋違いだと解ってもおります……が……
 ぐっ、ぐおおおお……

 もし、もしも……
 箒星が消えたまま引退でもされましたらば……

 呪うぞ。



 ウソウソ冗談ですってばこめんなさいマジごめんなさうわなんだおまえやめくぁwせdrftgyふじこlp
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。