スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週マスランキング10月第1週

 雀荘765リーグ戦、散々な出来でございましたorz
 リーグ戦に集中し過ぎて滞ってましたが、ようやく更新です。

 ……集中し過ぎたのがいけなかったかなあ、あれだけ負けてりゃ下位にも沈むわ……



 ちゃっちゃと行きます。まず県外増刊号分から。

41位

京都P
 何気に好きなんですよ、このシリーズw
 いやもう、元ネタの力と言ってしまえばそれまでなんですが。しかしそのネタに乗せたアイドルのダンス、コミュ、そしてオチの転倒が……合ってないようでギリギリ合ってるという。何と強引な。
 この強引さもまた、お笑い。

PickUP

農民プーP
 本番は後半。妙なシンクロが、なんか、癖になる。シュールだ……。
 こういう曲のイメージPVとして、何となく「それっぽく」見えてしまうのは何故だろう。

38位

ベホイミ氏
 うおおお!懐かしい!これだよこれ、マッピーだよ。ファミコンでやったなぁ……
 orzってよりも、純粋に可愛らしいや。いいなぁこれ。元曲の力が多分にあるとは言え、耳に心地良いったらありゃしない。……あ、気が付いたら5ループ程してた。

31位

リズモアP
 ああなるほど、ドラマとPVの中間なのねこれ。紙芝居でもなくただのPVでもなく、ドラマ仕立てのPV。これは新しい。
 考えてみれば、確かに実写PVとかでもドラマ仕立てはあるんだけど、その場合会話音声はなし。無声映画のバックに音楽流したみたいな感じにどうしてもなる(そりゃそうだ、音楽と混ざっちゃうもんな)。でもこういう風に漫画チックな2次元動画でドラマをやらせれば、会話をテキストで表示させる事で「音楽と被る」って問題をクリアできる。目で会話を、耳で音楽を、両方一緒に視聴者に受け取ってもらえる。これは新しい。なにげにブレイクスルーかもしれませんよこの手法。
 いや、面白い。面白かった。

 という事で、以下ピックアップ。

30位

孟徳P
 ついに完結、大団円。長かったなあ……最後まで、17歳ワールドでした。
 考えてみりゃ、このシリーズって架空戦記のパイオニアの一つですよね。まる1年以上前ですよ。途中、次の回がなかなか上がって来ず、このままフェードアウトか……と思わされた事も何度もありました。大体こういう長編ものって、始めるのより終わらせる方が大変なんですよね。よくぞ完結させた、と言いたい。お疲れ様でした。
 曹操17歳よ、永遠なれ。

26位

ぽP
 いーねー、懐かしいなぁ。これほど宇宙服を有効活用した作品がこれまであったか。そしてクリーチャーオールスターがおもろすぎ。役どころピッタリw 確かにバスターズの出番だわな。のワのマシュマロマンで盛大に吹いたw

 ところで、奇しくもパート3の話が丁度出ている件について。
 http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20080906/Variety_20080906010.html

25位

柊P
 か わ え え 。
 和んだ、思いっきり和んだよ。薄汚れた30男の心が浄化されたよ!しかし幼稚園バージョンとは言え二人とも大して普段と変わってないなw

23位

TAKAP
 いかん!この曲はいかん!こいつぁヤベェ!
 何で雪歩にこの曲がこんなに合うんだ……。クラシカルなラブソングにクラシカルな少女=雪歩って事か。この切り口は斬新。何という絶妙の取り合わせ。おっさんのハート直撃ですよ。
 つか画質いいな!雪歩がほとんどアップなもんで可愛いったらもう!髪が!ふわふわ揺れる髪が!ああああああ俺の嫁!巡礼聖地認定せざるを得ない!

 ちなみに、三田寛子バージョン+あずささんという作品が先行しているのでした。

ぷげらっちょP

18位

syugoP
 タイトルが略してわた春香。
 それはさておき、黒が印象的です。アリプロコラボってどうしてみんなこうなるんですかねw しかしすごいなこれ、どんだけ抜いて重ねてエフェクトかけてんだか。曲にあわせたアクション(ダンスにあらず)がいちいち決まっててカッチョええですね。力作でした。

16位

まつやんP
 元ネタはこちら。…ってか、元の方は縦長の絵だし、トレスとは言えこれここまで来たらほぼ全部作り起こしだろ。
 こういう絵柄のアイマスキャラもいいもんです。新鮮。

15位

bbcP
 完結しなかったかー、やっぱなーw
 もうね、今更何をかいわんや。心底楽しませてもらってます。
 バーンスタイン先生何やってんのw
 三大テノールのオタ芸、それは見たい。
 ちょ、車載動画まで出てくんのかよwwww浜松の3桁酷道と言えばアレですねわかります。って、マジでかずさのすけ氏の奴から持ってきたのかよ!
 ああそうそう、カーペンターズも出さなきゃ嘘だよね……ああダメだ、もうイエサブが聴けねぇ、流れるたびに「まっこまっ(ry」が頭の中を。

 で。
 のワの缶バッジはどこで売ってますか?


13位

ペデューサーP
 何このコント。雪歩が酷すぐるw 紙芝居ってか、すでにただの漫才になっとるな。なーんも考えずに、ただただ笑えるのが素晴らしい。こんな方向に行くとは思わなんだわw

CM

 腐り過ぎだろうこのイルカwww
 そして意外なオチでさらに爆笑。

8位

らくさんP
 何だこりゃwww
 すんげぇ出落ち。なんだこのシュールさはwww

6位

メイP
 あああああ……見てないのに……
 日ごとのチェックはさすがにしてないから、どうしてもこうなるよなあ。何ともかんとも。

5位

KenjoP
 凄えええええ!
 アイマスで、ここまで表現できるようになったんだなあ……
 ダンスを曲と合わせただけのMADPVを越え、ダンスのごく一部を切り出して、普通の仕草としてやりたい表現にあてはめる。ある意味、これも「抜き」が簡単にできるようになったからこそできる表現ですわね。背景月じゃ不自然さが残るもんな。
 今まで、一部にこういう表現を取り入れた作品はありましたが、これをメインにして、しかもここまで自然で完成度高いってのは無かったかもしれません。
 ブレイクスルーがまた一つ。

 この週はPickUPが良かった!
PickUP

しだらめP
 EWFキタコレ。ぱーいあー♪
 オールスターと言いつつも、サビとか見る限りいおまこメインて事でよろしいかと。あまり見ないペアで新鮮。
 何より、ダンスが曲にド嵌り。軽快なカット割りもグッド。ノれます。シンクロ的な意味じゃなくて、雰囲気的な意味で。のったりしたテンポにまったりしたダンス、いいねぇ。ディスコサウンドと言うか、こういうファンキーな曲とアイマスの親和性の高さは何気に素晴らしいと思う今日この頃。ホント何でなんでしょうね。

PickUP

つくよP
 いいねー、ノリノリだねー。ろけんろー!
 この作品、前から知ってて気に入ってたんですよ。PickUPで紹介してもらえて嬉しいなっと。

3位

さいP
 ののワさんは あやしいおどりを おどった!
 何なんだろうこれはw MPが吸い取られていく……

 なんか変な方向に追随する人が出てきたし!
45位

ねんどP

2位

魔汁P
 うえ、これ背景オリジナル……だよな……。何コレなんでこんな自然なの!?
 もう商売にしていいよな、普通に。そう言や影山Pは元気かのう……

1位

わかむらP
 リメイクっつっても、何もかも別物ですね。カラフル残像はむしろ逆にあえて踏襲してみましたって感じで。
 撮影中のシーンと、その撮影された映像の切り替え対比が面白うございました。そして学校背景から間取り一緒のCG背景+サイバーなコスにスイッチ。これは鮮烈。「おお!」と。いつものわかむら節ですな、やっぱ好きなんだなぁこういうのw……とは言いつつ、前の学校背景があるからそれもまた引き立つ訳でして。

 しかし2位の魔汁Pにしろ、七夕革命以来の懸案であった「自作背景とのマッチング」って点において、来るべき到達点にようやく至った感があります。ただ、技術的なハードルの高さからして誰でもできる訳じゃないし、「できる」Pと「できない」Pの格差が広がりつつある気はします。
 ま、ただ、こうした技術ってのは自然になればなるほど、普通になればなるほど、それ自体では印象に残らなくなってしまう訳でして。要はできあがった物が、物として単純に面白いかどうかって所に帰ってくるんじゃないでしょーか。だからいっそ、下手に挑んで玉砕するよりは、あえて「やらない」、割り切った方向へ行くのも大いにアリでしょう。ものゴッツいスタジオ機材なんか無くったって、ギター一丁でいい曲は作れるんですから。
 どういう技術をどこまで使うのかという事が、「格差」ではなく「個性」になって欲しい、と願う所です。


 この週、ポイント低調、かつ増刊号常連の長期作品が本編に食い込んできたのは、新ランキング仕様の影響の他、みんなMSCの追い込みに入ってる、と思いたい。
 ただ、その分普段なら増刊号止まりっぽい作品がランクインしてきて(曹操17歳とか「初恋」とか)面白いランキングでございました。

 って事で、以上!
 さ、これからそのMSCIIIですよっと。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。