スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この美しく不安定なMADというもの。(2)

 続きです。
 何だか前回はまるまる脱線だったような……本題に戻って、じゃーニコ動の変化でニコマスはどーなんのよ、という事で。
 もうご覧になった方も多いでしょうが、「ニコニコ大百科」のMASTER ARTISTの項PV限定ランキング「[6/24-6/30] アイドルマスター Ranking For You!」の項が凄い事になってる件。
 前者は、大百科でこんなレイアウトできんのかよ!という驚き(しかもちゃんと市場へのリンク付き)。そして後者は大百科をランクイン作リストに利用してしまうという斬新な発想でありました。……いや、このリストいいなあ。マイリスト使う必要ないし!この方式は普及するべき。
 この他ニコニコ市場もそうですし、アイマス(ニコマス)って「ニコ動のシステムの活用」という意味では常に最先端を走ってる気がします。

 そこへ降って沸いた、「ニコニコミュニティ」「ニコニ・コモンズ」
 どうなんですかね、これ。

 アイマス、と言うかニコマスの凄い所って、「自由度」だと思うんですよ。
 アイマスでありさえすれば何やってもOK、Pの発想次第でどんどん新しい方向性が開拓され、またそれが受け入れられるっていう。それはつまりアイマス自体が「曲」「キャラクター設定」「ビジュアル(ダンス/ステージ等)」「(仮想)コミュニケーション」などなど、多くの切り口を持っていたからに他ならないわけで。
 さらにネットコミュニティにおいて、作る側も見る側も一緒になってワイワイやってお互い影響し合って、ノウハウの共有だとか技術の超進化だとか作品の素材化だとかパロディのさらにバロディだとか、そういうのが渦巻いたカオスの中から日々どんどん新しいものが生まれてくる。そういうもの凄い世界になってる訳ですよ。

 こう言うのも何ですが、この点、ボカロにもできない芸当だと思ってます。いい悪い・優劣の話ではありませんので念のため。
 スタートラインの立場上、幅は狭く、そこを突破するには思い付きだけではダメで個人の資質が問われてしまうんだけれども(何だろうとアイマスと比べるのが間違ってる気はします)、その代わり、フォーミュラに則って、デリケートな配慮でもって環境を整えた上で、商業的・法律的な意味も含めてきちんとした形で高みを目指して行こうっ……というコミュニティな気がします。ボカロって。

 脱線から戻って。
 ま、おそらく速攻でニコマスコミュができるんでしょうね。「ニコニコミュニティ」に。当然速攻で入りますとも。そもそも例のMAD削除宣言と併せて、コミュ内に限定する事とトレードオフで削除されにくく……という意図での「ニコニコミュニティ」、という可能性もありますし。
 が、上に書いたようなニコマスの自由度の高さがいいなぁ、と思ってる人間にとっては、なーんか、こう、微妙な感じがします。見る範囲伝わる範囲がコミュ内に限定されてしまうってのは、なんか、つまんないです。そもそも「いつでも、誰でも、どこからでも」というのがネットのいい所な訳で、アクセスできる人間を限定するってのはその真逆、ネットがネットの利点を否定してどーすんじゃ!という原理主義的なものがありまして。
 まあ現状、コミュがなくてもコミュみたいなもんなんですけどね、ニコマスって。一見さんにキツい世界だってのは解ってますよ。だから別にSNSコミュになっても大して変わんないじゃね?というのも一理ある。
 でもさ、やっぱり、外から入って来るためのハードルは、無いに超した事無いじゃないですか。
 「外」の人間だって、何気なくリンクをたどってニコマスMADをたまたま見て、感動して一気にハマってしまう……というケースはいくらでもあるでしょう。実際ニコマスはこれまでそうして大きくなってきた訳で。ニコマスは、そういう「外」の人間にも強烈な衝撃を与えるパワーをまだまだ持っていると信じております。
 だから、ニコマスがコミュに閉じ篭って「外」への影響力を失ってしまう様な事態を、私は危惧します。それは即ち「新しい血」が入らず新陳代謝が止まるという事でもあり、それはニコマス自身にも不幸な事だと思います。そうなった時がニコマスの「終わりの始まり」なのでしょう。
 ……ニコマス全体で一つのコミュになれるならまだいい方なんでしょうね。各ジャンルごとに分裂してしまったりしたら、ちょっと目も当てられないなあ、という気が。

 「ニコニ・コモンズ」、これもニコマスにとってはどうなんでしょうね。
 パンナムが素材を登録する、あるいは個人による(素材となるような)PV動画の登録を認める声明を出す……とか、そういう事になったらちょっと面白いと思いますし、実際そういう利用のされ方も想定してるんでしょうね。登録されたPVと登録された楽曲でMADPVを作る、という事が行われる可能性はあります。
 が、「そればっかり」になってしまったら、「それしか許されない」という事になってしまったら、それはつまらなくなるだろうな……と容易に想像できます。自由度ガタ落ちですもんね。
 システム自体はいい事だし、面白そうです。が、それが果たしてどこまで普及するのか……という一点に掛かっている気がします。普及すればする程、素材が増えれば増えるほど自由度が高まりますんで。
 でもそこまで行くには時間がかかりそうです。少なくとも、現状のとことん好き勝手なカオス状態からいきなり移行ってのは無理でしょうし、無理矢理それをやったら目も当てられない事になるでしょう。
 ソフト・ランディングができるかどうか。
 と言うか、ニコ動だけの動きじゃなくて、「どこまで自由に使っていいか」っていう、いわゆるフェアユース規定みたいな物を音楽動画問わず法律なり判例なりでホーカツテキに定めてくれればサッパリするんだけどなあ……と思うことしきり。
 ……無理っぽいかな。言いたくはないけどこの国の偉い人にできるのかそんな事。orz

 まあとにかく、まだどうなるか、蓋を開けてみなきゃわかんないですよね。
 今日の夕方ですよ、今日の夕方。

 ああ、なんかドキドキしてきた。
 動画保存なんてサッパリしてないぜー!w
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。